青海老まんが日記(漫画の感想文垂れ流し)

主に完結漫画の感想文。たまに自転車乗ります


主に完結した漫画の感想を書く。多分漫画の感想にかこつけたぶちまけになっていると思う。

基本的に漫画を読んで「xx 感想」と調べるタイプの人を読者として想定している。要は読んだ人向け。

タバタ式から辿ってきた方は、恐れ入りますがグローバルナビゲーションのロードバイクの部分から飛んでください。最近サボリ気味

ブッキラによろしく! 感想:手塚治虫の美しき「ダメ女」

手塚治虫でブッキラによろしく! 根沖トロコのダメさ加減、傍若無人、そして気丈さに惚れた。ロックが羨ましくてたまらない今日この頃。

桃色サバス 感想:最近見ない「ちょっとお色気」ギャグ

中津賢也で桃色サバス。お色気とギャグのバランスが至高。水着入れ替わり性転換レズなどなどお色気ギャグのデパートを、華麗な筆致でしたためる。ほどよいエロはギャグのアクセントだ。

モルダイバー 感想:お手軽な「女の子×メカ」

伊藤伸平でモルダイバー。女の子×メカ×アクション×近未来SF。加えてタッチの軽いストーリーにならない工夫。パッと終わらす構成。一流の女の子アクションである。

光の大社員 感想:ザ・正統派

OYSTERで光の大社員。ポスト植田まさしの代表選手。ポイントは「万人への内輪受け」。褒めちぎりました。

ピース オブ ケイク 感想:ワケが分からん。どうなるんだ

ジョージ朝倉でピースオブケイク。出てくる人間の行動原理がさっぱり分からん。なぜ隣人を愛せるのか。なぜ人のものを奪うのか。理由が知りたいのでページをめくる。

パンゲアの娘 KUNIE 感想:”最後”の海洋冒険ロマン

ゆうきまさみでパンゲアの娘KUNIE。正統派の海洋冒険スペクタクルに仕上がっている。絵も文句なし。ただ……若干の話のくどさにより打ち切り。悲しい

魔女っ娘つくねちゃん 感想:リズム感。モモーイ大絶賛

まがりひろあきで魔女っ娘つくねちゃんシリーズである。リズムが100点で下ネタもないのでストレスフリーで読めてGoodですよ。不死鳥のごとき復活を私は期待している。

恋は雨上がりのように 感想:カリ城・クラリス的世界観

眉月じゅんで恋は雨上がりのように。クラリスを抱かなかったルパン思いが現代に蘇ります。主人公のオッサンが鋼の精神なのだ。

風紀地獄変・頂 感想:魅惑の性転換アクションギャグ

ビューで風紀地獄変・頂。魅惑の性転換アクションギャグ。古典的な画風で古典的なギャグをしっかりと抑えてくれるので、もうこれ以上は何も望まない。主人公もかわいくてグーだ

人類ネコ科 感想:学園ラブコメのグローバル・スタンダード

みず谷なおきで人類ネコ科。ラブコメのグローバル・スタンダードである。ラブコメの必要十分が僅か3巻に収まっており、非常にラブコメ成分が摂取がしやすい一品。

 異論/反論や取り上げて欲しい漫画があればコメントくだされば幸いです