青海老まんが日記

漫画の感想と思い出。雑記とロードバイクも。


 社外ニートがおぼろげな記憶で、基本的に読んだ人向けに完結漫画の感想と思い出を書きます。

 サイトマップから選べば、読んだことがある作品を見つけられるかもしれないです。

 タバタ式から辿ってきた方は、恐れ入りますがグローバルナビゲーションのロードバイクの部分から飛んでください

【第百十二回】マイボーイ~ま。また打ち切り……~

木村紺でマイボーイ。からんと全く同じ展開で全く同じように打ち切り。個人的には好きなんだけど、世間受けはしていないのでそりゃあダメでしょう。巨乳眉太サイコー

【第百十一回】サスケ~まるで容赦がない~

白土三平でサスケである。忍者漫画の本家本元源流と言ってもいいのでは? サスケ父の安定感のある復活力により我々は安心して彼の成長を見守れる……のも束の間だった!

【第百十回】陽だまりの樹~俺たちはどう生きるか~

手塚治虫で陽だまりの樹。万二郎と良庵という二人の主人公の間を揺れ動いて物語を描き分けた俺たちはどう生きるべきなのか。未だ答えは出ない。良庵にはなれなさそうではあるのだが。

【第百九回】いつも美空~あだち充-(野球+ラブコメ)=?~

あだち充でいつも美空。野球とラブコメという両翼をもがれた状態でどう戦うのかという疑問は直ぐに吹き飛んだ。ヒロインかわいいぜ~。オタクが好きそうなタイプのヒロイン(偏見か?)

【第百八回】僕たちがやりました~罪悪感でゲロ吐きそう~

金城宗幸と荒木光で僕たちがやりました。人間取り返しがつかないことしたら、まずは逃げ切ろうとする。でも、逃げ切れない。罪悪感を返上しようとするも、やっぱり出来ない。キツいね。

【第百七回】虹色とうがらし~不遇~

あだち充で虹色とうがらし。今更だがあだち充は野球漫画だけではない。そんな中でのSF時代劇風青春群像劇であるが、最近はこういうの流行らんよなァ。好きなんだけど。キャラクターが充実です。

チャート式試験に出る仮面ライダー変身ポーズ一問一答(動画付き予定)

昭和ライダーの変身ポーズをチャートにしてエクセルに落としてみました。割とまとまっていると思いますので、上手く活用して覚えていただきますと幸いです。ちなみにウケません。

【第百六回】幽☆遊☆白書~俺達の共通言語~

冨樫義博で幽☆遊☆白書。ド王道でド嵌りです。天邪鬼で読んでいない人は漫画人生を多分にもったいないことしてるので、宗教上の理由(アンチジャンプとか)が無ければ読むべし。

【第百五回】失恋ショコラティエ~!!!~

水城せとなで失恋ショコラティエ。メインとなる女性が三人出てくるのだが、最後まで展開が読めずかなりやきもきさせられる。男性目線では「分かる~!!」「なるほど~!!」連発。

【第百四回】鬼龍院冴子探偵事務所~やっつけは難しいね~

三上龍哉で鬼龍院冴子探偵事務所。パワハラセクハラ上等の純ギャグ漫画。リアルで笑えないことを存分にやってくれるので日常が煮詰まった人は読むべし。人はどこまで笑えるのか。

 異論/反論や取り上げて欲しい漫画があればコメントくだされば幸いです