青海老まんが日記

漫画の感想と思い出。雑記とロードバイクも。


 社外ニートがおぼろげな記憶で、基本的に読んだ人向けに完結漫画の感想と思い出を書きます。

 サイトマップから選べば、読んだことがある作品を見つけられるかもしれないです。

 タバタ式から辿ってきた方は、恐れ入りますがグローバルナビゲーションのロードバイクの部分から飛んでください

【第百二回】だって愛してる~シリアス・ギャグのバランスが至高~

むんこでだって愛してるです。べたべたのコッテコテの同棲モノ。シリアスとギャグのめりはりも超レベル高いし、なによりサラッと読めるのにサラっと泣ける。こういうのが良い漫画なんだよ。

【第百一回】シャカリキ~王道~

曽田正人でシャカリキ! です。天才が努力すると周りがどうなるかというのが良く分かります。自転車乗りからすると超人という形容がぴったりで、それ故に眩しすぎて見てられない。

【第百回】あれるげん~喪女の不平不満がダイレクト~

小池恵子であれるげん。喪女がカポーに嫉妬するってのを延々やってる漫画。でもね、そういう主人公が成長しない漫画こそが尊いんじゃなくて! 安定感サイコー

【第九十九回】高校球児ザワさん~まあフェチですよね~

三島衛里子で高校球児ザワさん。フェチすぎる野球マンガらしいがまさにその通り。でもザワさん以外のフェチも熱いんだぜ! ちなみに高校野球は女性が出てもいいんじゃないですかね……

君は鴨川で何を思うか(ミズキリストから一言)

鴨川で年末水切りしました。水切りするとロクなことが起きないので、今年はとても心配です。再びの浪人は避けたい。最近は散歩が楽しいので、ついでにカメラでも買おうかしらん。

【第九十八回】女子高生~現実と虚構~

大島永遠で女子高生Girls-Highです。当時純朴だった田舎の男子高生だった私を締め上げるギャグはそれはもう強烈でした。ここまでやるのか! というか現実と虚構が曖昧になります。

【第九十七回】人は見た目が100パーセント~君はどこまで笑えるか~

大久保ヒロミで人は見た目が100パーセント。男性的には「へ~」って話ばかりで興味深いんですけど、ギャグがどこまで笑っていいのか極めて不安になる。女性的には苦笑いかと。

漫画村は焼き討ちしろ

漫画村は焼き討ちにしましょう。今も昔も子供に自制を求めるのは不可能です。私も当時あったら絶対使ってる。長期的には教育もアリですが、まず目先の巨悪を叩き潰せ。話はそれからだ。

【第九十六回】がんばれメメ子ちゃん~安定感!~

むんこでがんばれメメ子ちゃんです。鬼神のごとき安定感が私の包み込む。ストーリー、絵柄、ギャグ、SF、タイミング、場面設定。全てにおいて高い水準で安定。もちろんハッピーエンド。

【第九十五回】ライバルはキュートBOY~このタイプのショタも可~

富所和子でライバルはキュートBOY。最近は軟弱な直ぐ股を開くタイプの男の娘が増えていますが、このタイプの「漢」なショタ(というか女装少年)も全然ありというかもっと増えてくれ、という話

 異論/反論や取り上げて欲しい漫画があればコメントくだされば幸いです