青海老まんが日記(漫画の感想文垂れ流し)

主に完結漫画の感想を語ります。たまにただ語ります


 主に完結した漫画の感想を書く。多分漫画の感想にかこつけたぶちまけになっていると思う。基本的に漫画を読んで「xx 感想」と調べるタイプの人を読者として想定している。要は読んだ人向け。

 タバタ式から辿ってきた方は、恐れ入りますがグローバルナビゲーションのロードバイクの部分から飛んでください。最近練習サボリ気味

1990年代~

【第三十三回】花田少年史~ボロ泣き~

一色まことで花田少年史。ひょんなことから幽霊が見えるようになった少年が、次から次へと訪れる幽霊の依頼に答えて成仏させます。でも一筋縄ではいかない依頼ばかりで……泣かせるんだよ!

【第三十二回】ひがわり娘~頭からっぽ系四コマ~

小坂俊史でひがわり娘。頭からっぽ脱力系四コマ。な~んにも頭使わない。余計なことをもちこまない良い漫画である。こういふひとにわたしはなりたい…………ワケではないか。嫁にしたい。

【第二十九回】遊☆戯☆王~エロイムエッサイム~

高橋和希で遊☆戯☆王。幕張と打ち切り争いをしていた頃の鬼遊戯が大好きです。無限に出てくる変なゲームが無性にやりたくなるので、初期路線でもっとやって欲しかったなァ。

【第二十四回】課長バカ一代~真面目な奴が一番オモロイ~

野中英次で課長バカ一代。暴力的なギャグ漫画ではあるが、それはサラリーマンという枠組みに収まっているからこそ楽しめるのだ。クロ高とはまた違った気品のようなものが感じられる。嘘です。

【第二十回】H2~私たちは木根になれない~

あだち充でH2。我々は昔から木根サイドに立ってこの物語を読んでいたが、もはや木根になりたいという気持ちはこれっぽっちもなく、ただただ彼を応援したいだけの気持ちなのである。

【第十八回】五年生~こういう恋愛もありっちゃあり~

木尾士目で五年生。ささいなきっかけで気持ちのすれ違いが続くオトナとコドモの中間みたいな恋愛をきれ~に描く。こういう経験してないなァ。した方がいいのかなァ。もうムリやなァ。

【第十七回】ヒカルの碁~ヒカルが憎い~

小畑健とほったゆみでヒカルの碁。言わずと知れた王道少年成長漫画だが、俺はヒカルが大嫌いだ。俺だってサイがいてくれりゃああんくらいは出来た……という嫉妬の炎は置いといておもろい。

【第十二回】行け! 稲中卓球部~全力投球で馬鹿になれない~

古谷実で行け! 稲中卓球部です。中学生の頃は無邪気に笑っていたが、全力投球でバカをやっている前野や井沢が眩しくて見ていられない。ちなみに強烈なジェネレーションギャップも感じさせる。

【第十回】ヨコハマ買い出し紀行~マターリてろてろ~

芦奈野ひとしでヨコハマ買い出し紀行。マターリとした世界観でてろってろです。アニメもサントラも秀逸。でもちょっぴりおセンチになる。横浜出身ならなお楽し。

やったろうじゃん!! 感想:熱血と葛藤

原秀則でやったろうじゃん!! 個人的には高校野球モノで一番熱血していて好き。熱血が故の葛藤もあり最高。ごちゃごちゃ言う前に読むべし。高校野球がしたくなること請けあい。

スーパーOL バカ女の祭典 感想:無人島に持っていくならコレ

山田まりおでスーパーOL バカ女の祭典。手放しで全てを褒めたい。唯一の懸念点は手に入れる方法がかなり限定されているところ。ギャグならこの一冊。文字で説明するの、無理。

コンビニぶんぶん 感想:はなまる元気印~

藤島じゅんでコンビニぶんぶん。絵柄がかわいくてGoodでありながら女性がかわいくないので肩の力を抜いて読めます。記憶には残らない漫画かもしれませんが、こういうのもぐー。

カードキャプターさくら 感想:李小狼が気に食わない

CLAMPでカードキャプターさくら。愚かな予備校生はSF仕立て少女成長物語の素晴らしさを理解できない。そして男の嫉妬は醜い。私の愚かさを浮かび上がらせる一編である。

サークルコレクション 感想:理想の大学生

小坂俊史でサークルコレクション。特に大事件もおきずに、わちゃわちゃしてるだけで物語が進んでいく。でも、それが理想の大学生なのではないだろうか? こういう生活を送りたかったなァ

 異論/反論や取り上げて欲しい漫画があればコメントくだされば幸いです