青海老まんが日記(漫画の感想文垂れ流し)

主に完結漫画の感想を語ります。たまにただ語ります


 主に完結した漫画の感想を書く。多分漫画の感想にかこつけたぶちまけになっていると思う。基本的に漫画を読んで「xx 感想」と調べるタイプの人を読者として想定している。要は読んだ人向け。

 タバタ式から辿ってきた方は、恐れ入りますがグローバルナビゲーションのロードバイクの部分から飛んでください。最近練習サボリ気味

2000年代~

【第四十七回】ハルコビヨリ~こういう旦那/嫁が欲しい~

小坂俊史でハルコビヨリ。同棲コメディの頂点を極めし作品ではないでしょうか。キャラ立ちに無理が無く、楽な気持ちで読めるギャグ漫画。こういう同棲がしたい。明日にでも。

【第四十六回】ワイルドリーガー~登場人物全員バカ~

渡辺保裕でワイルドリーガー。熱いし暑苦しい漫画だぜーっ! 野球への熱量と愛情なら他の漫画を圧倒。ただ話の整合性とか頭の良さとかは言いっこナシね。読者も含めて全員バカになる。

【第四十五回】カブのイサキ~戦わずに飛ぶ~

芦奈野ひとしでカブのイサキです。地面が十倍になっちゃいましたというまたまた若干ディストピア的手法でのほほん行進曲なんですが、時代が許さなかった。女の子が等身大で泣くほどかわいい。

【第四十一回】Mr.ボーイ~美少年女装アクションの果てに~

山本貴嗣でMr.ボーイ。美少年が女装して中華やらガンアクションを派手におっぱじめるという異色の作品。昨今のなよっとした男の娘ブームに吾輩は警鐘を鳴らしたいのだ。ただR指定入りそう。

【第三十八回】のの美捜査中!~初期重野なおきの素晴らしさ~

重野なおきでのの美捜査中! です。毒にも薬にもならないけど、誰も傷つけない漫画ってのはイイもんですよ。だらだら読みましょう。重野センセ大出世祝いじゃ。

【第三十七回】ラブやん~予想しなかったふんわりランディング~

田丸ひろしでラブやんです。ハイスピード自慰ギャグが中心。しかし、ラブやんはヒロインとして最高なんだよ! もしかするとギャグはおまけだ! 最終巻表紙はじゃじゃグル並みの感動。焦る。

【第三十六回】ふぁいとの暁~All for ショタ~

あおやぎ孝夫でふぁいとの暁です。ショタ全振りの漫画です。徹底的にイジメられるショタを楽しめます。サディストのショタコンにドストライク。純粋にショタを楽しみましょう。

【第三十五回】月明星稀―さよなら新選組~打ち切りの悲しさ~

盛田賢司で月明星稀―さよなら新選組です。絵は上手いのよ。ストーリーも熱血成り上がりで矢沢永吉。でもな~今風じゃないんだよな~、、、もっと流行ってくんないかな~、、、

【第三十回】僕等がいた~王道を行くも「かませ」が哀れ~

小畑友紀で僕等がいた。一時めちゃめちゃ流行ってたのは知ってるけど、「少女漫画」という理由で敬遠していた。読んでみるとめちゃめちゃ王道で引き込まれる。個人的には、かませの竹内君が不憫

【第二十八回】電撃テンジカーズ~ボケのデパート~

古賀亮一で電撃テンジカーズ。シュールからセクハラ、思春期やらパロディまで何でもござれのボケのデパート。もちろん話に内容なんて存在しないので、脳みそゼロで読める。最高!

【第二十七回】けいおん!~第二次オタクブームだ!!!~

かきふらいでけいおん! 漫画にもいろいろありますが、これをギャグ漫画と捉えるとおかしなことになる。女子高生がかわいい漫画なのだ。それ以上でもそれ以下でもない。だから流行ったのだ

【第二十五回】てけてけマイハート~これがホントの日常系~

竹本泉でてけてけマイハートです。足かけ12年で堂々完結。結婚もするし出産もする。僕の日常からあり得たかもしれない世界線を描いてくれるのが、日常漫画の醍醐味なのだ。

【第十六回】Hi!! スクラップ~ただかわいいだけの作品、お待ちしています~

小笠原朋子でHi!! スクラップ。ストーリーはほぼ皆無(意図的)のショタ賛美漫画。ただひたすら彼を過度に礼賛しつつ、髪の視点でニヤニヤしようではありませんか。集え全国のショタコン。

【第十三回】ニニンがシノブ伝~サスケになりたい~

古賀亮一でニニンがシノブ伝。おそらく音速丸のおかげで知名度は抜群。個人的に推したいのはドラマCDの出来栄えと、サスケの八面六臂の大活躍だ。僕がトイレさ。

 異論/反論や取り上げて欲しい漫画があればコメントくだされば幸いです