青海老まんが日記(漫画の感想文垂れ流し)

主に完結漫画の感想を語ります。たまにただ語ります


 主に完結した漫画の感想を書く。多分漫画の感想にかこつけたぶちまけになっていると思う。基本的に漫画を読んで「xx 感想」と調べるタイプの人を読者として想定している。要は読んだ人向け。

 タバタ式から辿ってきた方は、恐れ入りますがグローバルナビゲーションのロードバイクの部分から飛んでください。最近練習サボリ気味

2010年代~

一週間フレンズ 感想:我々を裏切らない!!!

葉月抹茶で一週間フレンズ。予想通りの登場人物が予想通りのストーリーに邁進する。それがハッピーエンドであることは疑いようがない。だから気持ちよく読み進められる。

逃げるは恥だが役に立つ 感想:愛こそ全て

海野つなみで逃げるは恥だが役に立つ。逃げ恥。お互いに嫌悪感がない+接点が多い=恋愛成就! というシンプルな話だが、シチュエーションの妙で大層面白い。平匡さんになりたい

【第百十二回】マイボーイ~ま。また打ち切り……~

木村紺でマイボーイ。からんと全く同じ展開で全く同じように打ち切り。個人的には好きなんだけど、世間受けはしていないのでそりゃあダメでしょう。巨乳眉太サイコー

【第百八回】僕たちがやりました~罪悪感でゲロ吐きそう~

金城宗幸と荒木光で僕たちがやりました。人間取り返しがつかないことしたら、まずは逃げ切ろうとする。でも、逃げ切れない。罪悪感を返上しようとするも、やっぱり出来ない。キツいね。

【第九十七回】人は見た目が100パーセント~君はどこまで笑えるか~

大久保ヒロミで人は見た目が100パーセント。男性的には「へ~」って話ばかりで興味深いんですけど、ギャグがどこまで笑っていいのか極めて不安になる。女性的には苦笑いかと。

【第八十二回】マイルノビッチ~まいると恋愛経験値を貯めよう~

佐藤ざくりでマイルノビッチ。少女漫画とは過程を楽しむものであると改めて示す名作です。数々の男を乗り越えて経験を貯めてラスボスに挑む。非常にシンプルで分かり易い構図。

【第八十一回】ヒロイン失格~みんなかわいいのよ~

幸田もも子でヒロイン失格。私くらいになると全員に平等に感情移入して心がボロボロになります。ボロボロになりながら読んで、「やっぱ青春いいなァ」と枕を濡らすそんな漫画です。

【第八十回】ラジ娘のひみつ~キャラ押し×シチュエーション~

小坂俊史でラジ娘のひみつです。毒舌とかわいい内気娘の二面性を武器に恩田あいりがラジオ番組で大暴れ。キャラが妙に濃い面々もサポートしてキレのあるギャグが量産される。小坂俊史円熟期。

【第七十七回】僕だけがいない街~100%のサスペンスミステリ~

三部けいで僕だけがいない街。最近の推理系漫画ではスマッシュヒットではないでしょうか。テンポの良さが光る。結局漫画読んでくださいよ、という結論。

【第七十三回】東京タラレバ娘~何故会えないんだ~

東村アキコで東京タラレバ娘です。完全にフられた早坂さんに感情移入してしまします。でも、いい女だからいい男に笑顔で見送られるんだぜ……あと、年配の女性は男を調教してくれ。頼む!!!

【第七十二回】クズの本懐~結局そこかよ!!!~

横槍メンゴでクズの本懐です。結論が「純愛はやっぱ強いよね」で終わるので、最近の若い人もそうなんだと思って一安心しました。美男美女こそ恋愛がロジカルじゃない。

【第六十八回】やわらかい。課長起田総司~史上初EDギャグ漫画~

カレー沢薫でやわらかい。 課長沖田総司です。ED男がハーレム囲ってるけど勃たない話。ノンストップなギャグだが、彼を応援できるのはEDだからです。イカれた女どもも楽しめるぞ!

【第六十七回】喰う寝るふたり 住むふたり~同棲いいなァ~

日暮キノコで喰う寝るふたり 住むふたりです。数少ない同棲モノをきれ~に描いた逸品。男女両面から描く冷静と情熱のあいだ手法を採用。あ~同棲したいな~ってなります。いいよね、同棲。

【第五十三回】サムライリーガーズ~ルール変更系野球漫画はイイ!~

竹山祐右でサムライリーガーズ。野球漫画の新機軸に舵を切った名作。野球漫画ってやりつくされて焼野原に見えるけど、まだまだいけるじゃん! という少し未来を先取りしすぎた作品。

【第十九回】 言ったよきいちゃん! ~超密度4コマ~

コニシリュウイチで言ったよきいちゃん! です。古賀亮一とは別方向の超密度な四コマ。新進気鋭のWeb漫画家である。ちなみに和田派です。御曹司許すまじ。

 異論/反論や取り上げて欲しい漫画があればコメントくだされば幸いです