青海老まんが日記

おぼろげな記憶を頼りに漫画の思い出/感想文が書かれる

【第二回】ここはグリーンウッド

グリーンウッドです。文庫版持ってました。全6巻。

 

高校生の時に買ったはず。当時男子校に通っていた私はもちろん? ボーイズラブをガン読みしていた。ルビーとかコバルト文庫とか。特に角川ビーンズの丸マシリーズ(今日からマの付く自由業、だっけ?)を愛読していた木がする。ユーリ君が貧乳の女に間違われるシーンが未だに好み。

なぜボーイズラブを好んでいたかと、そこに純愛があるからです。少女漫画を読む習慣と恋愛ドラマをほとんど読む機会が無かった私には、それしか選択肢が無かったのである。というか、気づきすらしなかった。あったよね、もっと。

 

で、グリーンウッドですが、まず如月瞬君。ドラマCD版の声優の良さもさることながら(誰だったかな、、、)、やっぱり描き方がいいですよね。漢ですよ。Mr.ボーイじゃないですけど。一本筋の通った美形ロングの少年、ショタじゃなくてのやつって最高ですよね。

あとは池田君とかそのあたりは鉄板で脇をおさえて、渡辺君でショタ枠バッチリ。五十嵐さんとか出てきてまあ純愛ちゃあ純愛ですけど、記憶には薄い。まあジャンル的にBLっていうよりも青春群像劇に近いか。かわいい男の子の。それをなぜ私が楽しんでいたのかは知らないが。多分部活に狂っていたから別の世界を見たかったのだろう。

 

そういや池田君の直ぐ傷治る設定とかも最高でしたな。SFじゃないけど、非日常感のバランスが最高。男女入れ替わり企画も万全でしたな。

 

しかし私だったら初恋の女の子に子供ができたら耐えられないなぁ。知り合い(というか、兄貴)とヤってるんでしょ? 胸が張り裂けそうになりますわよ。つーか裂けた

 

そういう意味で、少年の成長にもフォーカスしてる。一粒でめちゃ美味しい漫画でした。

 

青海老