青海老まんが日記

記憶を頼りに漫画の感想と思い出が書かれる


 サラリーマンがおぼろげな記憶で漫画を紹介します

 時々1秒でも早く帰るため(漫画を読むため)の仕事術も失敗談と共に紹介します

 タバタ式から辿ってきた方は、恐れ入りますがグローバルナビゲーションのロードバイクの部分から飛んでください

【第十五回】機動警察パトレイバー


 漫画も人もいい所だけを見つめよう

ゆうきまさみ著。完全版で10巻くらいだったかな。

予備校生の頃に近所の古本屋で取得。重なったなぁ、、、

ゆうきまさみ先生にはあーるから入ったのかな? 確か。だからギャップに衝撃を受けましたね。引き出し広いなと。

まあ何と言っても、、、とまとめられるほどにはこの作品単純じゃあないんだな。とりあえず後藤隊長のことだけ書いておこう。

ハガレンの人(荒川弘)も後藤隊長の大ファンだとか言ってた気がする(羽海野チカだったかもしれない)。私も大ファンである。

現時点ではサラリーマン稼業でございまして、そうするとやっぱり昼行灯に憧れますよね。決める時はビシっと決める。皆さん映画版の「だから遅すぎた〜」ばっなりフォーカスしますが、個人的には遊馬をしばき上げたシーンの方がらしさがあるな、という印象です。

カミソリ後藤ってことは、カミソリ時代があったってことで、そうすると憧れる私としてはカミソリをまずは目指さなきゃならん、と。キツいなぁ、、、

で、後藤さんの鏡が内海なのよ。これがもう悪役って感じでね、かっくいーのよ。キレるしネジ飛んでる悪役、意外にいないんですよね。どっちかだけの人はいるんだけど、両立は難しいのよ。キャラとして制御不能というか、ストーリー食われちゃうからね。

どっちかでいいのでなりたいなぁ、、、

泉野明は結婚したいキャラクターランキング(私内調査)で上位ランカーなので、また機会があれば延々と語りたい。

パトレイバーはそのうちもっかい取り上げます。全然まとまらない。

 

青海老

異論/反論やザリガニに対する意見等あればコメントくれたら超嬉しいです