青海老まんが日記

記憶を頼りに漫画の感想と思い出が書かれる


 サラリーマンがおぼろげな記憶で漫画を紹介します

 時々1秒でも早く帰るため(漫画を読むため)の仕事術も失敗談と共に紹介します

 タバタ式から辿ってきた方は、恐れ入りますがグローバルナビゲーションのロードバイクの部分から飛んでください

マッサージに行ったら損をしたような気がする(1/2)


 漫画も人もいい所だけを見つめよう

 背中が痛いのである。明確に、背中の肩甲骨の少し内側あたりだ。

 

 心当たりはあった。社会人になり吸う量がグンと増えたタバコのせいである。

 初めはメンソールの1 mmのもの。次に3 mm。今では6 mmで、そのうち増えそうな機運が充分に高まっている。本数も二日~三日で一本だったものが、今では二~三日で一箱を消費するに至っている。もっとも喫煙者諸兄からすると、「少なすぎる! 弱音を吐くんじゃない!(?)」という叱責のお言葉が得られそうだが、こればかりは個人差なのでなんとも言えないのではないだろうか。少なくとも私にとっては、十二分に体調不良を引き起こす量だと言える。

 もちろんマッサージやその他外的な治療は対処療法に過ぎないので、根本的な解決にならないのは重々承知している。しかし、タバコの本数及びタールのミリグラム数はどうにも減らないのである。仕事の業績とは裏腹に右肩上がりに増えていくそれは壮観であった。

 電子タバコも試してはみたが、はっきり言って吸ってる気がしない。ポップコーンを食べているのではないかと思わんフレーバーには、不肖青海老、はなはだ閉口である。

 また、自分の中に喫煙者に対するあこがれがあるのも否めない。次元大介ルパン三世)、スパイク(カウボーイ・ビバップ)、伊藤伸恵苺ましまろ)、神戸在住の方々、、、等、あこがれの先輩を挙げればいとまはない。

 そんなわけで、対処療法で戦うことに切り替えたワケである。ここまで前段。

 

 で、マッサージの話。

 最近は本当にいろいろあると思う。保険治療内の整骨院は500円程度で全身診てくれる一方で、他の医療行為に該当しないマッサージ店でも値段は一時間3,000~8,000円程度と幅広い。チェーン店もあれば独立店舗もあるし、全身もあれば足つぼもある。はりきゅうなんかも含めるとそれこそ選択肢は広がり続けるし、なんなら泡のお風呂もある。ま、それは置いておいて、、、

 そのうち、私が行ったことがあるのは

①:整骨院

②:安め(3,000円/時間)程度のいわゆるマッサージ店

③:高め(8,000円/時間)程度の〃

④:そこそこ(5,000円/時間)程度の足つぼマッサージ店

である。日曜日なので時間が許す限り感想及び読者諸兄にためになる情報を流してみようと思うが、ここで一度中断、、、

 

青海老

異論/反論やザリガニに対する意見等あればコメントくれたら超嬉しいです