青海老まんが日記

記憶を頼りに漫画の感想と思い出が書かれる


 サラリーマンがおぼろげな記憶で漫画を紹介します

 時々1秒でも早く帰るため(漫画を読むため)の仕事術も失敗談と共に紹介します

 タバタ式から辿ってきた方は、恐れ入りますがグローバルナビゲーションのロードバイクの部分から飛んでください

【第四十二回】ワンダービット~SF短編集の粋~


 漫画も人もいい所だけを見つめよう

 

ワンダービット 1 (島本和彦漫画全集)

ワンダービット 1 (島本和彦漫画全集)

 

 
 今リンク張り付けたところで、「アレ、なんか雰囲気違うぞ!」と思ったら、島本和彦漫画全集なんて出てるんですね! 知ってたけど忘れてたわ!

 ついに全集か、、、多分アオイホノオ効果なのは間違いないけど、うれしいもんだね。一番星のジャッカルとかそのあたりの中期作品も収録するのかね。

 

SF短編集の粋

概要

  1. 著者(私の主観と記憶に準拠)

     島本和彦。燃える漫画家。説明不要だとは思うが、補足としては中期は少年キャプテンとかアスキーとかで描いてた。マイナーメジャーの頂点を極めた現在だけど、みんなもっと中期作品読もうぜ!

  2. あらすじ(これも私の主観と記憶に準拠)

     自称熱血SF短編集筒井康隆というよりは星新一寄り。
     一応首藤レイという科学者がメイン、というか全ての元凶の回が多いけど、全く関係ないのも多い。
     あとは実験作が多すぎる。多分何やってもよかったんだろうな。絵本風とか、全部鉛筆で描いたやつとか、映画館風とか。
     いつもの通り、気になる方はWikiワンダービット - Wikipedia)でも見といてください。

    f:id:Blueshrimp:20171121232933p:plain

    (一巻表紙。またこの一番古いアスキー版が中途ハンパな大きさでさ、本棚に入んねーんだよ!!!)

  3. 概要(巻数、掲載誌・時期)

     全4巻。ログイン(パソコン誌)で1990年頃連載。
     ちなみに、漫画の大きさがめちゃめちゃ変な形(正方形に近い?)ので、私は家で完全に持て余してます。
     ちょっと前に「コックローチマン」とか「霊界トトカルチョ」みたいなタイトルで新装版が出たので、そっち買ってもいいかもしれない。私は両方買った。あとがきとかついてたはず。
     

感想

  1. 出会い

     島本和彦との出会いは逆境ナインが初なのだが、そのあたりは別の機会に語ろうと思う。前書いたっけ?
     生来の短編スキーなので、これ幸いと飛びついたのがこの作品。しかも、筒井康隆半村良小松左京眉村卓とSFぎっちぎちの青春時代を送ってきたので万全の態勢で臨む。

  2. 何故素晴らしいか

     島本和彦のやり場のないエネルギーが短編に注ぎ込まれてるの、最高じゃないですか!? しかも近未来風SFとか、言ってみれば何やってもオッケーっていうことじゃないですか!
     で、実際なんでもやってる、と。筒井康隆の「残像に口紅を」を読んだときは、「このおっさんはなんてことするんだ!」と思ったものですが、このワンダービットはほぼ毎回それ。タブーなんもなし。今となっては貴重な漫画誌以外のフィールドを存分に生かした戦い方である。
     おすすめは「虚実録プロサッカー選手物語」。
     だいぶ昔に水谷豊主演の、実写とアニメを混ぜ合わせた狼人間なるとんでもないドラマをやってた気がするが、それをまたやった! しかも主人公が中肉中背というかちょっと太り気味の男という誰も得しない設定で。
     

     

    (確かこんなん。狼への変身シーンが一番エグイ。多分ようつべとかにあるはず)

     ちょっと作者本人の話になりますが、読書してた話を全く聞かないんですよね。この変なSF知識はどこで培ったのだろうか、、、。ラジオ(島本和彦のマンガチックにいこう!)でも、漫画とかアニメの話は延々してたけど小説の話は一切出ていない気がするワケだ。

     ちなみにマンガチックに行こう! がこのブログの一つの終点でもある。あれが目標。しかもあのラジオで取り上げられないようなマイナー漫画もピックアップできるのだ。これぞアマチュアの強み!

  3. その他雑感

     本文。もっともっと、なんなら全部紹介したいが、なんと再販していた(アマゾンリンク参照)ので、是非読んでほしい。私は家に帰って、また四角い変な形のを読むことにします。でも、大判だから読みやすいし迫力あるんだぞ!

     

まとめ

  • 中期島本作品は最高
  • 特にSFとかいう何やっても許されるフィールドのこの短編集はBest
  • 新装版、というかKindle版が出てるので、買おう!

 

 中期島本作品は、卓球社長とか根性戦隊ガッツマンとかワリと最高の作品が多い。炎の転校生から2~3作大失敗した後がオモロイのよ。
 ま、どれもこれもアオイホノオが大当たりしたから言えるといえばそんな気もしますが。
 
 じゃあのノシ

 

青海老

 

 

 

異論/反論やザリガニに対する意見等あればコメントくれたら超嬉しいです