青海老まんが日記

記憶を頼りに漫画の感想と思い出が書かれる


 サラリーマンがおぼろげな記憶で漫画を紹介します

 時々1秒でも早く帰るため(漫画を読むため)の仕事術も失敗談と共に紹介します

 タバタ式から辿ってきた方は、恐れ入りますがグローバルナビゲーションのロードバイクの部分から飛んでください

【第四十六回】ワイルドリーガー~登場人物全員バカ~


 漫画も人もいい所だけを見つめよう

 

ワイルドリーガー 1 (BUNCH COMICS)

ワイルドリーガー 1 (BUNCH COMICS)

 

 
 バカが読むバカのためのバカが野球する漫画。登場人物のキャラが濃すぎて全く収拾がついてない。でもそれがいい。しかも何が恐ろしいって、絵が野球向きで上手いんですよ。最高ですよね。 

 

登場人物全員バカ

概要

  1. 著者(私の主観と記憶に準拠)

     渡辺保裕。どの漫画読んでても野球好きなんだな~って心底伝わってくるすごい人。あとがきのキャラ紹介とか見ると好きさ加減が伝わってくる。

  2. あらすじ(これも私の主観と記憶に準拠)

     落ちぶれた過去の名門球団が、若くして故障で引退していたが、モリでサメを捕まえる職業に就いていた野投手を呼び戻して、不協和音等々で崩れゆくチームを努力と根性で立て直す過程を描く。どこかで第一部完とかいう打ち切りだった気がする。
     いつもの通り、気になる方はWikiワイルドリーガー - Wikipedia)でも見といてください。このマイナー度合いと比べて意味不明なくらい充実しています。

  3. 概要(巻数、掲載誌・時期)

     全10巻。コミックパンチで2001年~2003年頃連載。
     

感想

  1. 出会い

     ドカベンからミスフル、愛しのバットマンからミラクルボール果てには戦国甲子園まで野球漫画を読みきった(なんなら、若草野球部狂想曲とかも読んでるぞ! どうだ!)私に怖いものはなかった、、、。そしたらめちゃめちゃ暑苦しい表紙があるじゃないですか! ジャケ買いで10巻まとめて買いましたよ、、、

  2. 何故素晴らしいか

     最初に書いたけど、登場人物全員バカ。このペースで行くと渡辺先生も大丈夫なのか!!!???? とか思うけど、別の球状のグルメ食べる漫画はマトモなので大丈夫そうでした。ヨカッタヨカッタ。

     で、登場人物がバカって何かって言うと、まず全員野球バカなんですよね。主人公は主人公でモリで変化球投げてサメ捕まえるし(しかも体は壊れる)、キャッチャーはロートルでまともに歩けてないのに気付いたら試合バンバン出てるし、東大出身のイケすかない典型的なイメージ通りのクソエリート野郎が出てくるし、、、ということで、上手く伝わったかどうかわかりませんが、みんな頭おかしいのよ。

     それでも成立するのが野球漫画の恐ろしいところで、どんなに暴れても得点が1入るか、三振程度で収まるんですよね。言ってみれば、ルールの範囲内でドラマが規定される。
     たとえば、この漫画がルール無視の無法地帯だったとしましょう。まあほとんど無法地帯なんだけど、でも一応野球っぽいことはしてます、と。そうするととたんに魅力がなくなるはずなんですよね。なんでかっていうと、リアリティがなくなるを超えて(リアリティは元から全くない)、興味がなくなっちゃうんですよね。

     多分ですけど、野球好き、いや、球漫画好き以外がこの漫画読むと開始五秒で投げ出すと思うんですけど、野球漫画マニア的にはギリギリのラインなんですよね。他の漫画を悪く言うわけじゃないけど、たとえば今ウェブでやってる「デッドorストライク」でしたっけ。アレはもう野球漫画じゃないんですよね(ちなみに野球の漫画だと思って読めば結構楽しめる)。そのラインが意識的にせよ無意識的にせよ守られているっていうのは、これはとても素晴らしいことだと思うんですよ(人によってはそのラインを完全に超えていると判断するかもしれないが

    f:id:Blueshrimp:20171102090305p:plain

    (絵が上手い分始末に負えない。熱量がハンパじゃないぜ!)

     そして冒頭でも述べましたが、作者の野球愛がひしひしと伝わってくる。おりしも掲載された2000年代前半は、野球人気も下火になりかけて、、、という時期だったと記憶している。娯楽の多様化が云々カンヌン、という難しい時代じゃった。
     しかし、この熱量と気合で話の構成はともかくごり押ししてくるスタイル、男は黙ってレッドソックスよ!
      

  3. その他雑感

     ロリポップ(ロブみたいな球)や、レッツプレイツーなど本場アメリカでは言ってるのか言ってないのか全く分からない胡散臭さぎりぎりの英語を主人公らが使うのも、結構面白い。ワンショットワンキルとか言いながら必殺技繰り出すのイイわ~
     

まとめ

  • 熱血超人野球風漫画の決定版!
  • 一応登場人物は理解可能!
  • 熱い! 燃えろ! 意味もわからず!

 

 今のリアル風野球漫画路線に一括を入れる良い漫画である。こういう適度な常軌を逸したバランスが欲しい。
 
 じゃあのノシ

 

青海老

 

 

 

異論/反論やザリガニに対する意見等あればコメントくれたら超嬉しいです