青海老まんが日記

漫画の感想と思い出。雑記とロードバイクも。


 社外ニートがおぼろげな記憶で、基本的に読んだ人向けに完結漫画の感想と思い出を書きます。

 サイトマップから選べば、読んだことがある作品を見つけられるかもしれないです。

 タバタ式から辿ってきた方は、恐れ入りますがグローバルナビゲーションのロードバイクの部分から飛んでください

【第七十一回】花蓮女学院高校男子剣道部~テンプレのショタ~


 漫画も人もいい所だけを見つめよう

 

花蓮女学院高校男子剣道部 1 (ヤングサンデーコミックス)

花蓮女学院高校男子剣道部 1 (ヤングサンデーコミックス)

 

 
 ショタ! 100点!!!!!! 以上!!!!!!!!!

 
すみません、少々取り乱しましたが百点で終わらせたい。うん。それでいいんじゃない? 内容の話要る?

 まあ一応ショタの話しとくか。読んでくれとしか言いようがないが。

 

テンプレのショタ

概要

  1. 著者(私の主観と記憶に準拠)

     盛田賢司。絵描かせたら天下一品。ところがどっこい打ち切りというか不完全燃焼が多い。何故だ。代表作は、、、タッチアップか?

  2. あらすじ(これも私の主観と記憶に準拠)

     少子化の煽りを受けて女子高が共学化。男子生徒の第一期生はわずか数人。その中にはもちろん元女子高というハーレム目当てで潜り込んでいる主人子もいて。入学式を待たずにショタを巡って大げんかを始めるも、金髪の大女に取り押さえられる。そいつがショタを探して剣道部に入って、、、というところのストーリー。

     、、、とWikiがほとんど機能していない(あるだけ奇跡とも言えるが)ことを踏まえて一応丁寧に書いてさしあげた。
     状況が気になる方はWiki花蓮女学院高校男子剣道部 - Wikipedia)でも見といてください。

    f:id:Blueshrimp:20171127205800p:plain

    (二巻表紙。奥にいるのは美少女剣士)


  3. 概要(巻数、掲載誌・時期)

     全3巻。ヤングサンデーで2007年連載。
     

感想

  1. 出会い

     前作しっぷうどとうが個人的にスマッシュヒットだったので、その流れの県道作品は外さんだろうと思って購入。結果的にアレでしたけど。

  2. 何故素晴らしいか

     バリバリの剣道漫画を王道で書き上げたあとに同じジャンルでほとんど期間を置かずに勝負するのは、なかなか厳しいんじゃないでしょうか? 水島新司とか、中原裕ならわかるけど、そのレベルの漫画家じゃなきゃ相当厳しいし、そのレベルの作家でさえもフィールドを変えてる。例えば、中原さんなら高校野球⇒独立リーグというように。

     でもまあ期待しちゃいますよね。ファンなんで。で、蓋を開けると以前のヤンキー風な作風と組み合わせた感じ。

     悪くはないけどな~と思ってたらアッと言う間に打ち切られた。なんでだ?

     まあ話がシンプル過ぎるし、そのネタで書きすぎだろってくらいの悪ガキの更生話だったのはちょっとキビしかったか。個人的には何回やっても悪くはないとは思うんだけど、まあちょっと多いかもね。

     しかし! そんな中でも新機軸があったのです! そう! ショタですね! 書けるじゃんそういうの!!! しかもめっちゃ理想のやつ! 硬派ショタ!

    f:id:Blueshrimp:20171116155946p:plain

     このように! ベタだけど必須の展開がまず多数用意してあるのがいいんですよ。中途半端な長さの髪の毛が、ショートの美少女に見える。高校生にもなろうというのに、余裕で女子に間違えられる(中学生以下でこのシチュエーションは現実でもあるので、別にどうでもいい。ランクは低い)。背が低いのがコンプレックスで、牛乳を飲んでも背が伸びない(ちなみに、ロリ的な話だと「牛乳沢山飲んだんだけど、全部こっちにきちゃって、、、///」と言って自分の胸を指す、みたいなまあそそる人はそそるエピソードが必須で挿入される。私も好きですロリ巨乳)。




     

    f:id:Blueshrimp:20171116155538p:plain


     (こっちもベタだけど外せない展開。肩透かし喰らってるのは女剣士の山田さん)

     主人公がただのチンピラから剣士に成長していくのはまあストーリーとしてはこっちもベタでいいんだけどね。やっぱりショタなのよ。ショタ。

     しかもこのショタ。自分がかわいいとかそういう話の自覚は作中でほとんどと言っていいほど出てきません。こういうのを私は無添加ショタと命名したい。多分使わないけど。

     いろんなところで言っていますが、やっぱり漫画って星の数ほどありまして、その中でどうやって読者が見つけるかというと、やっぱり輝いているポイントを探すんですよ。

     そういう意味ではこの漫画のポイントはショタなんです。個人的にはね。
      

  3. その他雑感

     盛田作品は総じて死ぬほどベタなんですが、そういうのって需要ないんかね、、、

     

まとめ

  • 典型的なショタ
  • しかも無添加
  • 漫画適材適所説

 

 誰か良いショタ漫画紹介してください。
 
 じゃあのノシ

 

青海老

 異論/反論や取り上げて欲しい漫画があればコメントくだされば幸いです