青海老まんが日記(漫画の感想文垂れ流し)

主に完結漫画の感想文。たまに自転車乗ります


主に完結した漫画の感想を書く。多分漫画の感想にかこつけたぶちまけになっていると思う。

基本的に漫画を読んで「xx 感想」と調べるタイプの人を読者として想定している。要は読んだ人向け。

タバタ式から辿ってきた方は、恐れ入りますがグローバルナビゲーションのロードバイクの部分から飛んでください。最近サボリ気味

ばりへちょいやん


 漫画も人もいい所だけを見つめよう

「じぶん、ばりへちょいやん」

 私が大学に入った頃、部活の先輩に言われた。地方出身の純朴な若者だった私には、大柄な先輩が発する音の意味が全くくみ取れなかった。受験を経て直ぐだったので、英語で言われた方がまだマシだったかもしれない。

 「そう……っすね、ハハハ……」

 こう返すのが精一杯である。

 無論、なんとなく馬鹿にされているなというのは分かった。ただ、人間馬鹿にされていてもその意味が分からなければどうしようもない。外国人に指をさされて英語で喚かれたあげく仲間内で「HAHAHA!!!!」とやられても、にっこり笑ってしまうのと同じ原理だ。意に介さず暴れるタイプの方もいらっしゃるそうだが、あいにくそこまで肝が据わっていない。

 ばり??? へちょい??? やん?????

 額面通り受け取ってもさっぱり意味が分からないので、1つ1つ分解して考える。
 まず、「やん」は分かる。流石に分かる。混乱して思考を放棄してしまったが故に、分かることと分からないことの線引きが出来なくなった(今でもそういう傾向がある。三つ子の魂百までというやつ)が、これはわかる。
 そして「じぶん」。尊敬する浜ちゃん(ダウンタウン。バロム1が大好き)が確かによく言っていた。これは二人称だ。「きみ」とか「あなた」に相当するのだろう。現実に聞くのは初めてだが、なかなかどうしてカックイイじゃないか。

 となると、謎が徐々に解けてくる。

「じぶん、ばり、へちょい、やん」⇒「あなた、X、Y、ですね」

 よしよし。順調だ。さあネクストコナンズヒントはどこだと周囲を見渡す、もとい耳を立てる。

ããã¯ã¹ãã³ãã³ãºãã³ããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 そうすると、流石に体育会系。特定のフレーズを連呼する人間が多いこと多いこと。

「ばりええ! 今日ばりええやん! ばりええ!」

 語彙が少ないというより、共通言語を利用している連帯感を大事にしていると私は解釈したが、とにかくその場の状況で意味はある程度推測できた。

 単語はブルペン(申し遅れたが、実は野球部の話である。ブルペンというのは、ピッチャーが投球練習をする小高い丘のようなところだ)から聞こえてきた。

 そっと覗くと、「ばりええ!」が飛び出すのは結構良い投球したタイミングである。流石に「ええ」が「Good」であることは承知していたので、「ばり」が「Very」であることが遂に判明した。

 そして「へっちょ」である。当時からサブカルチャーに傾倒していた私が最も混乱したのがこのワードである。だって、あずまんがの大阪がさ、

f:id:Blueshrimp:20180409114952p:plain

 だぜ? そりゃ混乱もするだろう。

 そういうミスリーディングもあり「へちょ」は迷宮入りしかけたのだが、なんとこれもブルペンで確認が出来た。ブルペンで発見、未確認生物へちょ。

 再び In the ブルペン。投手がいかにもな棒球(打たれそうな球。どまんなかのスローボールくらいの認識)を投げたとき、捕手が、

「はいホームラン。へっちょ」

 の一言。

 そう、「へちょ(い)」の意味は「どうしようもない。劣っている」だったのだ。

 これで最後のピースが揃った。先ほどの方程式に当てはめると、

「じぶん、ばり、へちょい、やん」⇒「あなた、very、どうしようもない、ですね」

 ということになる。なるほど、どうしようもない悪口だったのだ。嘲りとさえも言える。

 ただ、やはり方言を使うことで丸く収まっているという感覚は確かにある。この後も数々の方言(うぜえつた、死んだ方がええんちゃう、自分いらんわ、うっといな等々)に直面したが、なんとなくワードのマイルドさに救われてきた気がする。でも、思い出して涙が今ちょちょぎれんとす。

 そして定住してしばらく。よし、関西も大分攻略したなと思ったとき、PCからダウンタウンの浜ちゃんが激しいツッコミ。

ほたえな!

 もう分からん。国に帰りたい

 

青海老

 

 異論/反論や取り上げて欲しい漫画があればコメントくだされば幸いです