青海老まんが日記(漫画の感想文垂れ流し)

主に完結漫画の感想文。たまに自転車乗ります


主に完結した漫画の感想を書く。多分漫画の感想にかこつけたぶちまけになっていると思う。

基本的に漫画を読んで「xx 感想」と調べるタイプの人を読者として想定している。要は読んだ人向け。

タバタ式から辿ってきた方は、恐れ入りますがグローバルナビゲーションのロードバイクの部分から飛んでください。最近サボリ気味

カードキャプターさくら 感想:李小狼が気に食わない


 漫画も人もいい所だけを見つめよう

カードキャプターさくら(1) (なかよしコミックス)

カードキャプターさくら(1) (なかよしコミックス)

 

 
 当時(予備校生時代)に、怒り狂って読んでいた。理由は簡単である。李小狼が気に食わないのだ。男が少女漫画をにこやかに読んでいてもアレと言う気もしないでもないが、なにせ当時は怒っていた。羨ましいのだ。

 おそらく今読み直せば温かい保護者的な目線で彼女らの活躍を見守ることが出来るだろう。私も成長したなァ。

 

李小狼が気に食わない

概要

  1. 著者(私の主観と記憶に準拠)

     CLAMP。4人組女性漫画家ユニット。ツバサ等代表作多数。SF(少し不思議)風作品多めなイメージ。なんとさくらが新章に突入したらしい。マジかよ。

     

    カードキャプターさくら クリアカード編(1) (なかよしコミックス)

     なんか新しいの出てるんですけど!!!!

    f:id:Blueshrimp:20180806231727p:plain

     線が「細く脆い」ではなく「精緻で凛々しい」ってのはコレのことだね

  2. あらすじ(これも私の主観と記憶に準拠
     美少女小学生が相棒ケルベロスと共に闇のカードをサルベージする話。正直10年近く触れていないので記憶がかなりあやふやである。
     いつもの通り、気になる方はWiki(カードキャプターさくら - Wikipedia )でも見といてください。
  3. 概要(巻数、掲載誌・時期)

     全12巻。なかよしで1996~2000年頃連載。
     

感想

  1. 出会い

     初めて買った少女漫画だ。予備校に通っていた時に発作的に購入。模試の帰りの古本屋(当時はこれしか楽しみが無かった。今も大して変わらないが)で、衝動的に。

     今は解消されているが、元々少女漫画を馬鹿にするきらいがあった。ガラス細工のような絵と、スッカスカの背景とペラッペラの話。そう思い込んでいた。もちろんそういう作品が撲滅されたワケではないが、少女漫画に限った話ではないということも最近知った。遅い。

  2. 何故素晴らしいか

     カードキャプターさくら。まず漫画に何故かカードがついている。永谷園における東海道五十三次カードのようなものだ。なんか得した気分よね。

    f:id:Blueshrimp:20180409142708p:plain

     若い方のために一応紹介する。なぜかお茶漬けを買うとカードが付いてくるのだ。魚肉ソーセージを買うとヒーローのシールがついてくるのと同義だと思ってくれ

     話の中身は正直言って、ふんふんなるほどまあそうなるよね、という感想である。何故か。

     そう、話の中身がありがちなのだ(と思ってしまった)!! この頃(予備校時代。20歳手前)になると既にあらゆるジャンルの漫画を読んでいた私には、ちびっこいのが真剣にやってるのなんかさんざん経験してきたワケである。小学生とか中学生が、大人には理解できない価値観で真剣に戦う漫画は、コロコロコミックでさんざん勉強した。例えば超速スピナーとか。

    超速スピナー 第1巻 (てんとう虫コミックス)
    もちろん私が霧崎マイ萌えだったのは言うまでもない。小さい女の子(ガキではなく、身長)が頑張っている作品は基本的に大好きです


     だからその本家本元総本家を見ても、正直当時は「ほーん」としか思わなかったのである。いやぁ、当時は私も青かった……。ちゃおは読んでたんだけどね。ミルモでポン! とか。

     加えて恋愛にもウブだった。だから表題の通り李小狼を文字通り目の敵にしていた。だって基本思想が稲中で出来ていたんだぜ? 仕方ないよね?

     

    blueshrimp.hatenadiary.jp

     
     李小狼。男のツンデレほどムカつくやつはいない。点は二物を与えないとは言うが、もちろん漫画の中なので二物を与えられている(現実でもこういう奴はいる)。

     いや、私は本当に男のツンデレに腹が立っているのだろうか。おそらくそんなことはなく、完璧超人のくせに加えてさくらちゃんにもてもてな彼に腹が立っていたのである。なるほど、これは男の嫉妬ではないか!

     男の嫉妬ほど醜いものはない。詳細の明言は避けて、ここいらで筆を置かせていただこう。

     実際のところ、小学生女子の成長と葛藤とかをうま~く漫画に落とし込んだ作品なのです。ガンバルガーとかライジンオーとかの女子版。当時は斬新だったはずである。 

  3. その他雑感

     絵は綺麗だなーと思った。少女漫画、やるじゃん! とか思って読んでた記憶はある。もっとも、CLAMP先生のは(少女漫画のそれから)抜きん出ているということは後から知る。

まとめ

  • 愚かな予備校生は理解できなかったが、少女成長物語のSF仕立てで完成度高し
  • 男の嫉妬は醜い
  • 新章スタートしたらしいよ

 

 色恋沙汰の無かった青春時代、予備校の女子が「使い魔の名前を思い出せない」と女子同士で喋っていたのを思い出した。その際に「ケルベロスですよ!!!」と話しかけていたらしたら未来が変わってたのかもしれない。

 いや、やんなくてよかったな。キモさフルスロットルだもんな。

 ちなみに予備校で女子と会話(?)したのは「先生に色紙あげるから書いて」と言われただけだった。何か書いて突き返したけれど、それきりその子とは会話していない。その子、というかそのクラスでは。

 そのクラスから私の希望する西の大学に受かったのは、私だけだった。机に噛り付いてほぼ誰ともコミュニケーションを取らずに勉強していたから当然だろう。馴れ合ってる奴らが死ぬほど羨ましかったが、絶対あいつらは落ちる、あの葡萄は酸っぱいに違いないと思い続けていた。

 ちなみに、まだそう思っている。そういう輩よ、頼む。落ちてくれ。私はもう堕ちた。

 さくらには申し訳ないが、これを読むと苦い記憶がふつふつと浮かび上がってくる。青海老、冬の時代の象徴なのだ。

 同じく冬の時代を象徴する漫画と言えば冬物語。

 

blueshrimp.hatenadiary.jp

 

 気分良く読めた少女漫画はだぁ!だぁ!だぁ!

 

blueshrimp.hatenadiary.jp


 気が向きましたら是非。

 じゃあのノシ

 

青海老

 

 

 異論/反論や取り上げて欲しい漫画があればコメントくだされば幸いです