青海老まんが日記

漫画の感想と思い出。雑記とロードバイクも。


 社外ニートがおぼろげな記憶で、基本的に読んだ人向けに完結漫画の感想と思い出を書きます。

 サイトマップから選べば、読んだことがある作品を見つけられるかもしれないです。

 タバタ式から辿ってきた方は、恐れ入りますがグローバルナビゲーションのロードバイクの部分から飛んでください

【第七十五回】ダイの大冒険~ハドラーの騎士道~


 漫画も人もいい所だけを見つめよう

 


 ドラクエってってご存知ですかね。実は私、人生で本家のドラクエはやったことないんですよ。モンスターズはあるんですが、それはスライムの親玉を作るゲームという認識をしていたので、2(ルカ)では序盤もいいところでグランスライム三体を作り上げて、それでゲームとして満足していました。あのヒゲ強そうじゃん

 何故ドラクエをしてこなかったか。それはですね、長いゲームが苦手なんですよ。堪えられない。パワポケぐらいサクっと終わってくんなきゃやってらんないのよ。

 後は、ストーリー展開がね、結局魔王倒すだけなら漫画とかの方が楽でいーじゃんと思っている派なんですよ。要は、自分でやる気が全くないんですね。

 と、言うことでそれにぴったりなのがダイの大冒険でした。自分で面倒なレベル上げや攻略本の読み込み(最近はサイト巡回か?)をやらんでいいってのは、ノンストレス。

 しかし長いよ、、、流石に。 

 

メッセージ

概要

  1. 著者(私の主観と記憶に準拠)

     三条陸が原作、作画が稲田浩司。両者ともこれが代表作。稲田さんは冒険王ビイトもやってますね。

  2. あらすじ(これも私の主観と記憶に準拠)

     モンスターが住まう島にただ一人生きる少年ダイが、たまたま現れた勇者アバンの後を継ぎ、魔王(大魔王)征伐を成し遂げるまでの冒険譚。ちなみに作中三か月で全ての物語が終わるらしい。
     いつもの通り、気になる方はWikiDRAGON QUEST -ダイの大冒険- - Wikipedia)でも見といてください。死ぬほど長い。漫画要らないかと思った。

    f:id:Blueshrimp:20171201234303p:plain
    (文庫版二十巻表紙。後ろにいるのがハドラーもどき)



  3. 概要(巻数、掲載誌・時期)

     全37巻。ジャンプで1989~1996年頃連載。
     

感想

  1. 出会い

     多分ね、友達の家でパラパラとコミックスを読んだのが最初のハズ。若干世代からは外れているので、多分友達の兄貴か誰かが持ってたんだと思う。
     その時に、「ダイが竜の血族だった!」みたいなくだりを読んで、実の父と死闘をいきなり始めるシーンも読んだんですが、なんかね、そんときはいまいちどうとも思わなかったんですよ。まあよくある少年漫画だな、と。絵もなんか古いし。それが小学生の頃。

     次に会ったのが多分高校生の頃で、最寄り駅から若干離れた古本屋で見つけた。その時はネットにドはまりしていたせいもあって、クロコダインがボッコボコにされるAAとかを楽しく見ていたので「クロコダインwwwクソ雑魚ですがなwwwwww」とか言ってテキトーに文庫で二冊くらい読んで棚に戻した。

     そして今、何故か最近仕事が少なく漫画を読む時間が大量にあるので、いっちょ読んだろかい! という感じで全巻大人買い。結構高かったけど、最近飲み会が一回一万円くらいするので、それにくらべりゃ全然楽しめる計算で購入。

     朝11時くらいに読み始めて、昼寝挟んでブッ通しで18時に無事大魔王バーンを倒しました。

  2. 何故素晴らしいか

     みんなポップポップうるさいんじゃ!!!!!! ネット民は流石にポップに感情移入しすぎでは? いや、私もポップ大好きよ? 結構泣いたよ、もうアラサーなのに。特にポップが偽勇者の魔導士に「勇気ってのはなァ!」みたいな説教されるシーンとか。マジ泣きです。

     でも、そうじゃねえだろと。それだけじゃない。はっきり言って、ダイは途中の期待の重圧に潰れそうだとかそういうシーンもありましたが、基本超人なのでぜんっぜん感情移入できませんでしたが、ポップは感情移入できた。だから気持ちよく読めるのも分かる。

     しかしあえて言いたい。この作品は魔王ハドラーの騎士道の美しさを讃える作品なのではないか、と。

     いやね、別にダイとかポップとかが卑劣だとかそういう話をしてるんじゃなくて、最終的にハドラーが武人だってことが強調されて、それがとっても美しかったってだけなんですけどね。それでも美しいものは美しい。

     何故美しいのか。まず一つ目はギャップ。魔王ってのは極悪非道なもんで、事実アバンとかをハドラーは序盤に殺してるし、なんなら大魔王バーンが出てきた辺りから小物感もハンパではなかった。

     しかしですね、ダイ一行に生半可ではかなわんと知って、その肉体を魔族から解脱させたところで彼は武人になったんですよ。その証拠が、オリハルコンの部下5人ですね。あれはすげ~格好いい。マジ最高。

     まあハドラー様の格好良さはガミラスのアレみたいなところもあるんですが、それは漫画読んでくださいってコトで。ハドラーの忘れ形見のヒムとかいう直情傾向のバカもいい味だしてるぞ!

     で、加えてギャップってのに少し近いんですけど、まあ魔王が気づいたら(ヒムも含めて)主人公サイドについてるっていうのは燃えますよね。それがワリと無理やりじゃなくて、自然な感じなんで。

    f:id:Blueshrimp:20171115212116p:plain

    (あんまり余計なことはいいけど、流石にアバン復活はやりすぎだと思う。正直ポップもアレなのに。竜騎士みたいなのが復活したのもなぁ、と思う。死人にシナチクだぜ)

  3.  その他雑感

      まあポップ以外もちゃんと見なさいよってことよ。特に女の子はかわいいから! 昔の少年漫画の女キャラって、なんというかひねりが無くてすげーかわいいです。最近の人はどろどろしすぎだと思います!!!

まとめ

  • ポップだけを見ないで!
  • ハドラーの美しさよ。魔王かくあるべし
  • 死人にシナチク

 

 ただし、ハドラーが魔王らしかったかと言えばそんなことはない。魔王にふさわしいのは、ガノンドロフである。ハドラーは好敵手ですね。
 
 じゃあのノシ

 

青海老

 

 

 

異論/反論や取り上げて欲しい漫画があればコメントくだされば幸いです