青海老まんが日記(漫画の感想文垂れ流し)

主に完結漫画の感想を語ります。たまにただ語ります


 主に完結した漫画の感想を書く。多分漫画の感想にかこつけたぶちまけになっていると思う。基本的に漫画を読んで「xx 感想」と調べるタイプの人を読者として想定している。要は読んだ人向け。

 タバタ式から辿ってきた方は、恐れ入りますがグローバルナビゲーションのロードバイクの部分から飛んでください。最近練習サボリ気味

放浪息子 感想:変身願望あらし(マコちゃんフォーカス)


 漫画も人もいい所だけを見つめよう

放浪息子 (1) (BEAM COMIX)

放浪息子 (1) (BEAM COMIX)

 

 
 漫画を読むときは、意識的にせよ無意識的にせよ何かを求めているのだと思っている。逆境ナインを読みたくなったときは自分の中に根拠のない自信が足りない時で、ハルコビヨリを読みたくなったときはほっと一息つきたくなった時だ。

 

blueshrimp.hatenadiary.jp

 
 放浪息子が読みたくなるときは、おそらく変身願望が高まったときだとなんとなく感じている。

 変身願望。誰もが持っていると思う。昔NHKのおかあさんといっしょで、なかなかエキセントリックな歌詞があったのを覚えているだろうか。

 そう、ライオンになりたい女の子……ではなく、その後の女の子になりたい男の子である。別にトランスジェンダー願望があるワケではない(性癖的にはイエロー・デ・トキワグローブがドストライクなのだが、それはさておく)。しかし、女の子になれると言われるとなってみたいという方は多いのではないだろうか。え、そんなことない? いやいや自分に正直になれよ~

www.youtube.com

確かこの曲だった気がする。マトモな動画が無かったのでこれでご勘弁願いたい

 そんなIfを叶えてくれる漫画がコレだ。そして、いろんなタイプの子供たちが出てくるが、見所はやはりなんといってもマコちゃんだ。何故なら彼(彼女?)がとりわけ険しい山を登っているからだ。はっきり言って、にとりんの比じゃないぜ?

ãæ¾æµªæ¯å­ ãã³ã¡ãããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 この男の子。愛・覚えていますか? 初見の方は憶えてくれ。そして、忘れていた方は特に気にしないでください。語ります

 

変身願望あらし

概要

  1. 著者(私の主観と記憶に準拠)

     志村貴子。個人的には敷居の住人も結構好きだし、どうにかなる日々も結構好きなのだ。頭の中のフォルダでは南Q太と同じところに入っている。

  2. あらすじ(これも私の主観と記憶に準拠)

     「女の子になりたい男の子」である二鳥修一は、転校先の小学校で、背が高くてかっこいい女の子高槻よしのと出会う。最初は女の子になりたいという気持ちを隠し通していた修一だったが、クラスメイトの千葉さおりに偶然女装しているところを見られてしまう。かねてから修一に好意を持っていたさおりは、それ以来彼を積極的に女装させたがるようになり、誕生日にワンピースを贈る。

     ある日、遊びに来たよしのに部屋に置いてあったワンピースを発見されてしまい、修一は困惑する。だが、よしのもまた「男の子になりたい女の子」であり、時折男装して遠くの街へ出ているのだった。お互いの秘密を知った2人は、修一がセーラー服を、よしのが学ランを着て、遠くの街で遊ぶことになる。

     2人は成長による体の変化に悩み、周囲とのすれ違いに傷つきながらも自分の生き方を模索していく。

     wikipediaより。まあフラットにあらすじを書けばこうなる

     引用したのはいつもの通りWikipediaから。Wikipedia、万能である。ただあらすじというより作品紹介のような気もしないでもない。気になる方は詳細なところを放浪息子 - Wikipediaで見といてください。

     

    放浪息子 1 [Blu-ray]

     アニメ版(DVD)1巻パッケージ。アニメも好きですよ。特に佐々ちゃん。まともだから
  3. 概要(巻数、掲載誌・時期)

     全15巻。コミックビームで2002~2013年頃連載。思ったより長いな。

感想

  1. 出会い

     何故か大学の研究室に落ちていたのでがっつり読む。ちなみに他のラインナップはジョジョ蟲師スラダン。私も小泉真理のジンクホワイトと古賀亮一のゲノムを置いてきた。全く受け入れられなかった。泣ける。

    新ゲノム07 (メガストアコミックス)

    確かに人を選ぶかもしれないのが古賀亮一。私はコミックス間違えて2回買っちゃうくらい好き(はぁと)

  2. 何故素晴らしいか

     と、言うワケでマコちゃんである。

     直球勝負な表現をすると、かわいくない。格好良くもない。非常に悪く言えば、教室のスミっこでうじうじしている暗そうなメガネの奴、みたいな容姿。作中でもブスとかいろいろ言われているので、間違ってはいないと思う。

     ところがどっこい、マコちゃんは強い人間なのである。劇中最もシンの入った人間であると言えよう。

     まず、周りに二鳥・高槻という美男美女コンビがいる中で”僕も女の子になりたい”という明確な意志を持ち続けられる。

     「ん? だからどうした? 余裕やろそんなん」と思われる方もいるだろう(今日この入り多いな……)。しかしだ。例えばプロ野球選手になろうと思ったときに、隣に松坂大輔がいたらどうするよ? 高橋由伸が同級生だったら? 私なら自尊心がずったずたになったあげくに逃亡すると思う。それかきっぱり目標を諦めるか。このマコちゃんの場合目標が内から発せられるので、やはり逃げるしか選択肢がないハズだ。

     ところがどっこい、マコちゃんは逃げない。まざまざと才能もとい容姿の差を見せつけられているのにも関わらずである。それどころか一番の友達として彼を支えている、時には彼よりも1歩も2歩も先を進んでいるではないか。なんという友情! なんというパイオニア精神! 感動したッ!!!

    感動すると未だにこの方が脳裏を掠める。多分一生ついて回るだろう。イヤ~


     さらっと流してしまったが、目標が内から溢れてきてそれを遂行する能力も高い。普通”性別を変えたい”みたいな願いはかなり難易度が高い(それも2000年代初頭)将来目標である。その夢に向かって一直線、というのは感服せざるを得ない。私なんぞ26になっても夢のカケラも見つからない。

     逃げずに、夢に向かって全力疾走。だから僕はマコちゃんが格好いいと思うのだ。フラつく二鳥のベンチマーク。それがマコちゃん。いい味出してるぜ。

     何故かマコちゃんにフォーカスして終わってしまったが、作品全体としても扱いにくいテーマを上手く料理しつつ、青春群像劇としても完成度が高い。全体的にブっとんだ思いを抱いた人間が多い中でうまくそれぞれの道を示して終えている。ベテランの味だな。ちょっととっちらかったけど、まあ人が多いから仕方がない面もある。アニメはおしゃれだった。というか、アニメではマコちゃんの良い所が今一つ出てきておらず出汁にされている感があるので是非とも原作を読んでくれ!!! せめてラストだけでも!!!
     

  3. その他雑感

     ちなみにタイトルは全く意味が無いがもちろん変身忍者嵐のモジりである(パロディですらない)。そして嵐と言ったら、ゲームセンター。ゲームセンターと言ったらホームセンター。ホームセンターと言ったらテンコ……みたい糞ヲタク
    マジカルバナナがしたい。知識が山よりも深く海よりも高いので秒で負ける気しかしないぜ。あとマジカルバナナが若い子に通じるか不安だ。
     

まとめ

  • 人はだれしも変身願望
  • マコちゃんは”逃げない”と”夢に直行”
  • 感動したッ!

 

 私は、漫画のキャラクターは基本的に実在してると考えているクチの人間だ。パクマンよろしく調子がいいときは現実との区別が付くときもあるけれど、基本的には地続きであると信じている。いや、そうあってくれ。
 
 女装モノと言えばこの二本。

blueshrimp.hatenadiary.jp

 

blueshrimp.hatenadiary.jp

 
 じゃあのノシ

 

青海老

 異論/反論や取り上げて欲しい漫画があればコメントくだされば幸いです