青海老まんが日記(漫画の感想文垂れ流し)

主に完結漫画の感想文。たまに自転車乗ります


主に完結した漫画の感想を書く。多分漫画の感想にかこつけたぶちまけになっていると思う。

基本的に漫画を読んで「xx 感想」と調べるタイプの人を読者として想定している。要は読んだ人向け。

タバタ式から辿ってきた方は、恐れ入りますがグローバルナビゲーションのロードバイクの部分から飛んでください。最近サボリ気味

カムイ伝(第一部) 感想:神も仏も……


 漫画も人もいい所だけを見つめよう

 

カムイ伝全集 カムイ外伝(1) (ビッグコミックススペシャル)

カムイ伝全集 カムイ外伝(1) (ビッグコミックススペシャル)

 

 
 救いが……救いがないんだな!!!

 山下清画伯みたいな表現で申し訳ないが、救いがない! 『サスケ』の感想でも同じこと言っていたような気もするけれど、全く救いがないのよ。昔の漫画って全部そうなの? と思うけれど、『ドラえもん』とか『バカボン』とかでも驚天動地のオチを時々繰り出してきているので、多分現実とフィクションの割り切りがキッチリしていた時代だったのだなと一つ納得。子供向けに今これ出版したら暴動が起きるのでは?

 こう、エロとか劣情を催させるタイプのやつよりこっちの方があまりの救いの無さで青少年の情操教育上アレなのではと思ったり。

神も仏も……

概要

  1. 著者(私の主観と記憶に準拠)

    白土三平。ご存知サスケの人。なんとまだご存命らしい。

  2. あらすじ(これも私の主観と記憶に準拠)
     非人のカムイ、下人の正助、武士の竜之進。それぞれが時代に翻弄されながら置かれた立場で生きんとする。
     いつもの通り、気になる方はWiki(カムイ伝 - Wikipedia)でも見といてください。

    ãã«ã ã¤ä¼ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

     このバケモノみたいなのが「カムイ~」とか言うが、特に話の本筋には関係なかった(と思う)

  3. 概要(巻数、掲載誌・時期)

     全21巻。ガロで1964~1971年頃連載(第一部)。

感想

  1. 出会い

     父曰く、「サスケの方が明るくて好きだった(意訳)」であったが、サスケも大概の話でしたよね? ということで、カムイ伝に挑戦。

  2. 何故素晴らしいか

     いや素晴らしいって言うか……そうだな、素晴らしいポイントから述べよう。

     まず、人間社会の厳しさをこれでもかと叩き込まれます。この漫画を読んだ人がどんな立場の人であれ「俺は……無力だ!」と天を仰ぐこと請け合い。平社員の私どもなんかなおさらよ。ホリエモンとか与沢翼が読むと違うものなんかね。

    f:id:Blueshrimp:20180803215133p:plain

     武士が身をやつして非人と同じ生活を送るシーン

     上の画像のように、非人がまずバンバンいる。というか、非人の物語と言っても過言ではない。もちろん物語なのでどこまでが史実や現実と合致していたかは分からないが、個人的には当たらずとも遠からじ、と思っている。飢饉でバンバン死ぬし、領主はもうめちゃくちゃ。ブラック企業なんかメじゃないぜ! (別に現代社会が楽だと言っているわけではないが、まあそれほど食うに困ることはないのだとも思っている)。

     人権派の武士ですらコレである。況や他の武士をや、ちう話よ。

     以前陽だまりの樹を読んだ時には、彼らの苦悩や悩みに感情移入して読めた。が、これはあまりに惨い……。

    ãã«ã ã¤ä¼ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ
     下人が非人との愛を誓うシーン

     無論上のような人情よろしくシーンもあるにはあるが、ほとんど実らない。非人が農民と愛を紡いだとかいう理由で鼻と耳をもがれたシーンもあったが、なかなかどうしてショッキングである。もっとも、その男が終盤まで割と出ていた方が衝撃であったが。おそらく白土三平にとっては造作もない登場人物への暴力、というか「あるある」の話だったのだろう。

     どんくらいヤベーって今の人たちに言うと、アニメ版エヴァで足もがれたトウジがバンバン出てきて物語に絡むくらい。しかも皆割と平然としてる。なぜならもっと酷いことがバンバン起きるからである。あそこでトウジがフェードアウトしないとなると、物語が崩壊するのに~。

    f:id:Blueshrimp:20180803220625p:plain
     こいつが平然と歩いてると嫌だな~


     で、救いのないシーン。はっきり言って無限にある。まずこれ。

    ãã«ã ã¤ä¼ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

     下人とか農民が江戸の偉い人に窮状を訴えるシーン

     田中正造そこのけの申し上げシーン。とんでもない拷問を受けて窮状を訴えております。よく見るギザギザの椅子なんかなんのその、そりゃあもう想像を絶するような……。

     救いがないかどうかは、正直定かではないのよ。この方達が犠牲になって村の生活が良くなったらね、それは苦しいけれど尊い犠牲かも分からんのよ(でも多分なってないんだよなー)。

     あ~胃がむかむかしてきた。こんなもんにしておこう。全編にわたってほぼ救いが無かった。 

  3. その他雑感

     二番目にやべー拷問は「熱した鉛一気飲み」キャンペーンです。

     すごい りんじょうかんだ!

     ちなみに一気飲みした方は爆発四散? しました。まあそりゃそうだよな。

まとめ

  • 救いがない
  • 神も仏もない
  • ギャグもない

 

 最もエグい拷問は衝撃のラストシーンで! 君の目で確かめてみよう!

 ……第二部は多少マシらしいですが、少年漫画としてこれはどーなのよ、と思いました。

 関連する感想文は以下。

 

blueshrimp.hatenadiary.jp

 
 じゃあのノシ

 

青海老

 異論/反論や取り上げて欲しい漫画があればコメントくだされば幸いです