青海老まんが日記

漫画の感想と思い出。雑記とロードバイクも。


 社外ニートがおぼろげな記憶で、基本的に読んだ人向けに完結漫画の感想と思い出を書きます。

 サイトマップから選べば、読んだことがある作品を見つけられるかもしれないです。

 タバタ式から辿ってきた方は、恐れ入りますがグローバルナビゲーションのロードバイクの部分から飛んでください

【第八十六回】空想科学X~萌えとシュールギャグ~


 漫画も人もいい所だけを見つめよう

 

空想科学X(1) (電撃コミックスEX)

空想科学X(1) (電撃コミックスEX)

 

  

 萌え×シュール。激熱ですね。どこに隠れてたんだこんな逸材、、、と思って読んでました。あさりよしとおのHALとかに一寸見てるけど、こっちは科学成分がほぼ0なので。ウソ科学ですよ。ブラックジャックの嘘の部分だけ塗り固めたような科学とギャグで勝負する。

 

萌えとシュールギャグ

概要

  1. 著者(私の主観と記憶に準拠)

     Saxyun。ゲームとかいろいろやってるらしいが、まんがしか読まない私にはわからない。ゆるめいつがアニメ化しましたね。

  2. あらすじ(これも私の主観と記憶に準拠)

     コトちゃんという微妙に萌えないけどちょっとだけ萌えるキャラと、ジャム男のようなハカセがくんずほぐれつするシュールギャグ四コマ。
     いつもの通り、気になる方はWiki空想科学X - Wikipedia)でも見といてください。

    f:id:Blueshrimp:20171204143443p:plain
    (一巻表紙。ブルーバックス風なのがキュンとくる)



  3. 概要(巻数、掲載誌・時期)

     全5巻。電撃マオウで2005~2014年頃連載。4コマは長くなるな。
     

感想

  1. 出会い

     萌え is 素晴らしいとか考えてた中・高時代の私も「萌え系の漫画(特にきらら系列)は時にギャグとかストーリー漫画としての完成度は非常にアレなことが多い」ということに薄々気が付き始めていた。なぜならあずまんが世代だから。あのレベルの高さで両立されちゃあ見る目も厳しくなるよね、というのが本音です。まあぶっちゃけあずまんがは今思えばそこまで萌えって感じではないんですがね! アニメ化の影響が強い。

     だからその後雨後の筍のごとく出てくる萌えだけに特化した作品に心を痛めていたとことでSaxyunですよ。いや~天の配剤かと思いましたね。

  2. 何故素晴らしいか

     まず下の五巻表紙をご覧ください。

    f:id:Blueshrimp:20171204143806p:plain

    (これだけ見るとハカセのハーレム漫画に見えるが、全くそんなことはない)

     いや、ギリ萌えというかキャラデザの可愛さがあるんですよ。けものフレンズ見てて思ったけど最近みんな「萌え」とか言わないらしいですね。私は古い時代のインターネッツなので未だに萌えるって動詞で使います。老害乙

     しかしですね。ペキカンに手放しでデザインがかわいいかっていうとそれが微妙なところで。いや、私のストライクゾーンにはど真ん中なんですが、世間的にはいまいちかわいいって評価されない気がするんですよ。多分「けいおんかみずしな孝之どっちのグループに入れる?」って聞かれたら後者な気がするんですよね。決して悪いことではないけど、世間にはそういう受け入れられ方をするんだろうな、という感想です。手放しでかわいい! っていうキャラデザではないかもしれない。

     そして、このデザインでどんぴしゃりなのがシュールギャグなんですよ。

    f:id:Blueshrimp:20171204143929p:plain
    (お決まりというか定番のカラーページギャグもこの通り)


     有史以来様々な漫画でカラーページが採用されてきたわけで、そのオチの使い方は多種多様(一番多いのは「オレも出せ~みたいにわき役が出張ってくるのが多いと思うんですが如何でしょうか?)なんですが、Saxyunに料理させればこの通りなんですよ。

     そう、キャラデザがめちゃめちゃシュールギャグに合うんですよ。絶妙な感じ。

     例えば唯ちゃんにこれやられてみ? きゃっきゃしててかわいいねっていう感想にはなるかもしれないけど、なんとなく子供を温かく見守る感覚になっちまう気がするんですよ。ちょっと違うかもしれないけど、正義のロリコンが小学校低学年児を温かく見つめる気持ちに似ているかもしれない。やっぱ違うかも

     そうなんです。なんとなく素直に笑えずスカッとしないかもしれないこの絶妙なネタを一番いい感じに料理できるんですね。このネタを用意するのも流石ですが、やっぱり料理も上手い。うん、目利きのすし職人ということでどうか一つ。
     
      

  3. その他雑感

     ゆるめいつも同じ理由でおすすめです。まだ未完ですが。

     

まとめ

  • 萌えとシュールギャグの親和性
  • 絶妙にギャグに寄れるデザイン
  • Saxyunは寿司職人

 

 最近はtwitter界隈でこういう芸当が出来る作者が増えてきているので個人的にはとても嬉しい。きいちゃんとか近いよね。
 
 じゃあのノシ

 

青海老

 異論/反論や取り上げて欲しい漫画があればコメントくだされば幸いです