青海老まんが日記(漫画の感想文垂れ流し)

主に完結漫画の感想を語ります。たまにただ語ります


 主に完結した漫画の感想を書く。多分漫画の感想にかこつけたぶちまけになっていると思う。基本的に漫画を読んで「xx 感想」と調べるタイプの人を読者として想定している。要は読んだ人向け。

 タバタ式から辿ってきた方は、恐れ入りますがグローバルナビゲーションのロードバイクの部分から飛んでください。最近練習サボリ気味

【第百十二回】マイボーイ~ま。また打ち切り……~


 漫画も人もいい所だけを見つめよう

 

マイボーイ(1) (アフタヌーンコミックス)

マイボーイ(1) (アフタヌーンコミックス)

 

 
 全巻買うじゃん? 四巻分厚いじゃん? 「やばい……からんの再来か?」と思うじゃん? その通りなんだよ……

f:id:Blueshrimp:20180212133326p:plain

 という気持ちです。

 

ま、また打ち切り……

概要

  1. 著者(私の主観と記憶に準拠)

     木村紺。独特の絵柄とふいんき(ryを駆使して独自路線でアフタヌーンを舞台に勝負。
     ちなみに私は神戸在住を目の端に入れながらも無視して10年が経ち、初めて購入。それ以来どっぷり。

  2. あらすじ(これも私の主観と記憶に準拠)
     弱小ボクシングジムは何故か巨乳の中学生が切り盛り!? 長身ハードパンチャーのチョビを中心にダイヤの原石は磨かれ続ける。
    いつもの通り、気になる方はWiki……はないのか。じゃあ公式の説明でも以下見といてください。

    有望な選手を多数かかえるボクシングジム「ペンギンジム」。
    飛躍をかけて挑んだ一大興行がまさかの大惨敗! 飛躍どころか破産の危機に! ジムを立て直すには試合に勝ち続けるしかない。この窮地に立ち上がったのは会長の孫娘・響! ボクシングの知識と胸の大きさなら誰にも負けない響と気の弱いハードパンチャー・佐藤。
    二人三脚で目指すのはもちろん王者の座!

    小細工抜き、真っ向勝負のボクシング漫画、ここにスタート!”

    マイボーイ(4) (アフタヌーンコミックス)
    (最終巻表紙。こいつはダレだ?)

  3. 概要(巻数、掲載誌・時期)

     全4巻。アフタヌーンで2014~2016年頃連載。
     

感想

  1. 出会い

    木村紺なのでノータイムで購入。からん消滅後なので期待していたが……

     

    blueshrimp.hatenadiary.jp

     

  2. 何故素晴らしいか

     いやもうね、私の前回記事(上のリンク)見てくれればそれでいいんですよ。

     私は大好きなんですよ。この作品。多彩な登場人物に、わかりやすいサクセスストーリー。溢れんばかりのボクシングへの蘊蓄に、ちょいちょいな頻度で挟まるギャグパート。過去に戻ってのシリアスシーン。越えなければいけないあまりにも大きな壁へのアタック。Over all大好きです、と。

     でもね、それではいかんのですよ。だってからんの打ち切りと全く同じじゃねーか!

     登場人物は多い、蘊蓄は止まらない、またブームにもなってない格闘技……類似点は無限大だ。しかも掲載誌も一緒ときた。これで担当も一緒だったら笑うしかないけどこれは不明。

     一ファンとしては、はっきり言って猛省を促したい。誰にかは分からんが、全く同じ失敗を二回も繰り返すなよ! 俺はキリっとまとまった木村紺の作品を読みたいんだ。この作品も好きよ? 好きなんだけど、やっぱり綺麗に完結してほしいのよ? 未完作品が激賞されるの個人だけだし、死人の作品はもう読めないのでいずれにせよ哀しい。

     と思ったら、最近のこの企画は恐れ入った。

    natalie.mu

    (そう言えば、田中圭一ワリと好きなんだけど、まだブログて扱っていないことに気付いた)

     閑話休題。私は怒っているのだ。

     一応作品の詳細も書いておこう。主人公はチョビという気弱なハードパンチャーなのだが、これはまあなんとなく成長の軌跡が分かる。古今東西色々な類似キャラクターはいた(個人的には、表遊戯が一番近いのではないかと思う。得意分野がハードパンチとゲームという差分はあるが、大体同じだ)。

     ところがどっこいこの作品をグっと魅力的にしているのはやはり美人で巨乳の中学生トレーナーである。いや~眼福眼福。私眉太い子大好きなんですよ。

    f:id:Blueshrimp:20180212140410p:plain
    (服着用時)

    f:id:Blueshrimp:20180212140316p:plain

    (脱衣時)

     服着ていても着ていなくてもどっちでもいいですが、大興奮です。眉太い巨乳の子が好みなのかもしれない。ソフマップ女優と言ってしまえばそれまでだが。

     もしかすると、木村紺的にはここが不本意なのかもしれない。今までの作品とは一番の差分だが果たして……あ、でも巨娘的には下ネタバンバンおっけーだしどうなんでしょうね。

  3. その他雑感

     結局同じスタイルで成功したのはもやしもんしかない。もやしもんと毎ガール及びからんの違いを分析すれば成功の秘訣が分かるかもね。
     

まとめ

  • ま~た同じ失敗だよ
  • 個人的には好きなんだけど、それでは作品続かんよ
  • 巨乳眉太サイコー(ロリコンではない)

 

  巨娘に期待だ。今はそれしかない。
 
 じゃあのノシ

 

青海老

 異論/反論や取り上げて欲しい漫画があればコメントくだされば幸いです