青海老まんが日記(漫画の感想文垂れ流し)

主に完結漫画の感想を語ります。たまにただ語ります


 主に完結した漫画の感想を書く。多分漫画の感想にかこつけたぶちまけになっていると思う。基本的に漫画を読んで「xx 感想」と調べるタイプの人を読者として想定している。要は読んだ人向け。

 タバタ式から辿ってきた方は、恐れ入りますがグローバルナビゲーションのロードバイクの部分から飛んでください。最近練習サボリ気味

スーパーOL バカ女の祭典 感想:無人島に持っていくならコレ


 漫画も人もいい所だけを見つめよう

 

スーパーOLバカ女の祭典 1 (まんがタイムコミックス)

スーパーOLバカ女の祭典 1 (まんがタイムコミックス)

 

 
 人生いろいろとはよく言ったものであるが、当然漫画もいろいろだ。ギャグマンガであってもストーリー漫画であっても「これは!」と思う作品に巡り合うことは少ない。

 そんな中で「これは!」と思った作品がコレである。なんせ死ぬほど面白い。さっさとKindle化か再販して欲しいというのが私たっての願いである。どんな方法でもいいので読んでみて欲しい。

 

 

無人島に持っていくならコレ

概要

  1. 著者(私の主観と記憶に準拠)

     山田まりお。最近の守備範囲はBLがもっぱら。なんとなく松山花子と守備範囲が被るイメージ。

  2. あらすじ(これも私の主観と記憶に準拠)
     登場人物全員フザけてる中で全員がボケまくる。ツッコミも変動。一応オフィス周辺にギャグが収まって……ないか。フルパワーギャグ漫画。
     いつもの通り、気になる方はWiki(スーパーOL バカ女の祭典 - Wikipedia )でも見といてください。

    f:id:Blueshrimp:20180409184154p:plain

    絵が人を選ぶのは否定しない。
  3. 概要(巻数、掲載誌・時期)

     全4巻。まんがタイム系列で1999~2008年頃連載。
     

感想

  1. 出会い

     死ぬほど面白い漫画を常々探し求めているなかで見つけた頂点。

  2. 何故素晴らしいか

     瞬間最大風速としての面白さなら世界トップなのではないか。岡田あーみんの再来とかいう記事を見たことがあるが、正直こっちの方が好き。不条理ギャグという共通点はあるかもしれないが、不条理ギャグに収まらない。

     まず、登場キャラクター全員がボケられるところが素晴らしい。アクがめいめいに強すぎて、誰かが必ずツッコミに回る。だから飽きが来ない。むしろ先生になれませんに近いな。

     更に、ギャグが多彩かつ振り切ってんのよね。現実には当然ない、ないんだけどもその延長線上にありそう。

     ちっちゃい方の女が、外人と強引に会話する四コマが痛烈だった。道か名前かの説明だったが、耕運機のモノマネをして「ライス!」とか絶叫するやつ。1 mmも伝わらないと思うが、読んでくれ。伝わっても困る


    「スーパーOL バカ女の祭典」の画像検索結果

    もちろんストーリーは基本的に皆無である

     やっぱりギャグ漫画の説明って難しいな。読んでくださいとしか言いようがない。私も高校生の時分に読んで衝撃を受けたクチだ。

     他の山田まりお作品も悪くはないんだが、BLネタがちょっと多いんだよな。ボケ役も固定のことが多いし。あとシチューションがちょっと決まり過ぎてんのもアレかな。キャラの境遇が特定過ぎるきらいがある。

  3. その他雑感

     OLって自由なのよ。トレンドの女王ミホとかもそうだけど、ホントなんでもあり。群ようこ的な女を出そうが、ミホを出そうがなんでもいいんですよ。間口が広い。

     それだけに難しい。現実から離れずぶっ飛ばす。この両立がなあ、なんとも言えないのよ。

まとめ

  • とりあえず読んでくれ
  • 全く説明できない
  • 無人島に持っていくならこの一冊

 

 ま、とにかく読んでみたらとしか言いようがない。私ももう一度読む所存だ。
 

  四コマでテンポが良いギャグと言えば古賀亮一とSaxyun。

blueshrimp.hatenadiary.jp

 

blueshrimp.hatenadiary.jp

 

青海老

 

 異論/反論や取り上げて欲しい漫画があればコメントくだされば幸いです